トップへ » 当院からのお約束 » 小児歯科

上手にほめれば歯医者さん好きに変わる

上手にほめれば歯医者さん好きに変わる

「歯医者さんの消毒の臭いがイヤ!」
「歯を削るときのキーンという音が怖いし、削られると痛くていや」

こんな理由から、歯医者さんが嫌いになるお子さんが多いようです。
大人でも同じようなイメージを持っている方がいらっしゃるのですから、無理もないと思います。

当院では、小さなお子さんを治療するときは、いきなり歯を削ったり麻酔注射を打ったりはしません。

初めての診察では、きっと心臓がドキドキして、怖い思いをしていることでしょう。そんなお子さんには、「こんにちは。今日はよく歯医者さんに来たね!」といってほめてあげます。すると次回もニコニコしてやってきて、大人しく治療を受けていきます。

そしてコミュニケーションを取りながら、お子さんが歯医者さんに慣れてきたころに、治療を始めていきます。

早目に歯医者さんに行けば、歯を削らずに済むし、痛くもありません。"歯医者さんは楽しい場所"。そんな風に変わっていって欲しいと思います。当医院のスタッフは子供が大好きです。

麻酔注射で痛みのない治療

麻酔注射で痛みのない治療小さなお子さんは大人に比べ痛みに対して敏感です。ちょっとした痛みでも、恐怖心を感じてしまうことがありますので、できるだけ痛みを与えないよう心がけています。

当院ではお子さんには麻酔注射を使い、痛くない治療を行っています。さらに表面麻酔を施しますので、針をさすときのチクっとした痛みがありませんし、できるだけゆっくり麻酔液を注入していきますので、注射時の不快感などもありません。

痛みに敏感なお子さんでも嫌がることがありませんのでご安心ください。

ラバーダムを使った安全な治療

ラバーダムを使った安全な治療
歯を削ったあとのお口の中は細菌でいっぱいです。ところが小さなお子さんは、お口の中に薬や唾液が残っていると誤って飲み込んでしまう可能性があります。このようなトラブルを防ぐためには、治療中の安全管理が欠かせません。

当院ではお子さんの治療時にも「ラバーダム」を使い、安全で清潔な治療を行っています。

ラバーダムとはゴム製のシートで、治療時に歯に装着し、患部に汚れや細菌が侵入しないよう保護してくれるものです。さらに使用する薬剤から粘膜を保護し、治療器具や細菌などの誤嚥・誤飲防止にも役立っています。

お子さんの治療を安全・確実に行うための配慮は充分にさせて頂きます。どうぞご安心ください。

正しい歯ブラシの持ち方から指導します

男の子
虫歯予防の基本は歯ブラシです。でも、ちいさなお子さんの中には、正しい歯ブラシの当て方がわからず、上手に歯磨きができていないことがあります。

そこで、当院では歯磨きの使い方の前に、正しい歯ブラシの持ち方からお教えします。年齢によっては根気が必要かもしれませんが、正しい持ち方を身につけていけば、きちんと歯ブラシが使えるようになります。

最初は遊び感覚で結構です。上手にもてるようになったら、「よくできたね!」とほめてあげるだけで、お子さんは大喜びになり、歯ブラシを持つことが楽しみに変わっていきます。

そして徐々に歯ブラシの動かし方を教えていけば、おうちに帰っても、歯ブラシタイムが楽しみに変わっていくと思います。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由ミラクルデンチャー矯正歯科審美歯科
歯周病治療一般歯科小児歯科顎関節症
睡眠時無呼吸症候群料金表よくあるご質問患者さまの声

歯についてのご相談・受診予約を受け付けています

歯についてのご相談・受診予約を受け付けています

このページのトップへ


トップへ » 当院からのお約束 » 小児歯科


コールバック予約