トップへ » 当院からのお約束 » ミラクルデンチャー » 従来の入れ歯との違い

従来の入れ歯との違い

全国でも数少ない取り扱い歯科医院

初めてミラクルデンチャーをご覧になったかたの多くは、そのコンパクトさにびっくりすると思います。そして実際に装着してみると、その快適さに驚かれることでしょう。

従来の部分入れ歯は安定性を高めるために口蓋にあたる床(入れ歯の土台となる部分)を広くしています。保険適用の場合は厚めのプラスチック (レジン床)で口蓋全体を覆うため、装着時の違和感や痛み、不快感などが伴います。人によっては床に邪魔され舌の動きが悪くなり、食べ物が飲み込みにくい、喋りづらくなることもあるでしょう。

装着中は金属金具を歯にかけて、しっかり固定させます。しかし歯がぐらついているとかえって不安定になりますので、抜歯をして他の歯に固定させます。金具も歯の表面側に見える、口を開けたときに目立ってしまいます。さらに歯ぐきに対して垂直に装着するため、食事や会話中にずれたり外れたりすることもあります。

部分入れ歯は比較的短期間で治療が終わり、保険診療であればコストも抑えられます。しかし機能性・審美性に欠けるなどデメリットも多く、より快適な入れ歯を求め、自費診療で作るかたも増えています。

これらの悩みを解決してくれたのが、ミラクルデンチャーです。ミラクルデンチャーは金具が歯の表面に大きく出る事は無く、入れ歯を使っていても誰にも気づかれません。しかもしっかり歯に固定しているので安定性があり、ずれたり外れにくくなっています。また床を小さくしてコンパクトに仕上げています。

このようにミラクルデンチャーは金属金具を使った入れ歯では他に類を見ない画期的な入れ歯といえるでしょう。

部分入れ歯のメリット
低コスト
保険診療で5,000円~14,000円程度で作れます。

シンプルな構造
コスト重視ですので誰にでも扱いやすいシンプルな構造です。

短期間治療
比較的治療が簡単なので、数回の治療で終わります。

部分入れ歯のデメリット
目立つ
歯に金属金具をかけて固定させるため、口をあけたときに目立ってしまいます。

痛い
食べ物が床と口蓋の間に入りやすくなり、食事中に痛みを感じることがある。

ずれる
歯ぐきに対して垂直に取外しを行うため、大きく口を動かしたときや食事や会話中にズレたり外れたりすることがあります。

違和感がある
口蓋部分が床で覆われてしまうので、装着時に違和感を覚えることがあります。また舌の運動も悪くなるため食べ物を飲み込みづらくなったり、喋りづらくなったりします。

食事が制限される
おせんべいやスルメといった固い食べ物や、おもちやイカ、タコなどの軟らかい食べ物が上手に噛みくだくことができません。また口蓋部分が床で覆われてしまうので食べ物の冷たさや温かさ、味覚などが失われてしまいます。


トップへ » 当院からのお約束 » ミラクルデンチャー » 従来の入れ歯との違い


コールバック予約