トップへ » 当院からのお約束 » 矯正歯科 » 患者さんの顔に合った矯正治療を目指しています

患者さんの顔に合った矯正治療を目指しています

患者さんの顔に合った矯正治療を目指しています

矯正治療を考えるとき、一番心配するのは「歯を抜くのか抜かないのか」という問題かと思います。最近では非抜歯矯正も増えてきましたので、患者さんも慎重になっています。

しかし、あまり「抜く・抜かない」にこだわりすぎては、患者さんにとって適切な矯正治療が行えないことがあります。
もちろん、私もできる限り歯を抜かない矯正を心がけています。

折りにふれ、矯正治療の本来の目的に立ち返るのですが、いつも思うことは「患者さんの顔に合った噛み合わせを作ることで、良い治療結果が生まれるのでは?」ということです。
歯を抜かなかったために顔の輪郭が不自然になり印象が悪くなってしまっては、いくら歯ならびがきれいになっても、よい治療とはいえません。

そう考えると、患者さんの顔に合った矯正治療を行うには、どうしても歯を抜かなければならないときもあります。もちろん患者さんに説明した上で、判断していただきます。

当院が目標としているのは患者さんに合った歯並び・噛み合せです。常に矯正知識を深め、技術レベルを磨きながら、よりよい矯正治療を目指しています。


トップへ » 当院からのお約束 » 矯正歯科 » 患者さんの顔に合った矯正治療を目指しています


コールバック予約