トップへ » 当院からのお約束 » 審美歯科 » 仕上がりを美しくみせる素材

仕上がりを美しくみせる素材

当院では、単にむし歯の治療をするだけはありません。さし歯や詰め物などの人工歯にもこだわり、審美的に優れた素材を使用しています。

審美治療で大切なことは被せた人工歯が外れないこと。そのために噛み合せの状態を確認しながら、しっかりとした外れない治療を提供しています。

どの素材を使用するかは、それぞれのメリット・デメリットをきちんと説明した上で、患者さんと相談しながら決めていきます。


ハイブリッドインレー
セラミックの粒子とプラスチック(レジン)を混ぜ合わせて作った詰め物(インレー)で、両方のメリットを兼ね備えています。セラミックよりも柔らかいので周囲の歯を痛めることがありません。審美性に優れ、主に奥歯の治療に使われます。

症例
ハイブリッドインレー今まで詰めていた金属の詰め物を取外し、ハイブリッドインレーを詰め直しました。とても自然に仕上がっています。


セラミック
セラミック製の人工歯で、透明感があり色調調整ができ、天然歯のように自然に仕上がります。審美性・耐久性に優れ、見た目が気になる前歯のさし歯やブリッジに適しています。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーの方でも安心です。

症例
セラミック前歯の大きさがバラバラで気になるとき、セラミック製の人工歯を被せ、歯の大きさを整えることができます。


ラミネートベニア
歯の表面にあるエナメル質をごく薄く削り(0.8㎜程度)、その上からセラミック製の薄い人工歯を貼りつける方法です。歯につける「つけ歯」ともいえ、主に前歯に使用します。応用範囲は広く、すき間があいている前歯、欠けたり折れたりしている歯、磨耗している歯などの治療が可能で、安全性・耐久性・審美性に優れています。

歯ぎしりが強い方には不向きですので、ほかの方法をご提案しています。その上で、ラミネートベニアを要望される方には、マウスガード(夜寝るときに使うマウスピース)の使用など、対処法をアドバイスしています。

症例
左右の前歯が離れている正中離開(せいちゅうりかい)も、ラミネートベニアを使って治療することができます。歯の表面をごく薄く削り(0.8㎜程度)、セラミック製の人工歯を被せることで、気になる隙間がなくなります。矯正治療に比べ数回の治療で終わり、しかもコスト的にも押さえられます。
セラミック


トップへ » 当院からのお約束 » 審美歯科 » 仕上がりを美しくみせる素材


コールバック予約