トップへ » 当院からのお約束 » 歯周病治療 » 歯周病の進行と治療方法

歯周病の進行と治療方法

軽度歯周病
軽度歯周病
歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。この段階であればブラッシングや数回の歯のクリーニングで回復できます。


中等度歯周病
中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。


重度歯周病
重度歯周病
状態は悪化し、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊と歯肉の後退がみられ、歯が大きくぐらつきます。一般の歯周病治療では治療困難な場合は歯周外科での対応になります。それでも治療が不可能な場合は抜歯となります。


トップへ » 当院からのお約束 » 歯周病治療 » 歯周病の進行と治療方法


コールバック予約