トップへ » 当院からのお約束 » 歯周病治療 » 内服薬を使って歯周病を治療する

内服薬を使って歯周病を治療する

内服薬を使って歯周病を治療する歯周病の新しい治療方法として、『歯周内科』が注目されています。

従来の歯周病治療では、感染源となる歯周病菌を取り除き、口腔内のプラークコントロールが中心でした。

しかし100%歯周病菌を取り除くことは難しく、その後の再発といった問題もあります。そこで内科のように薬を服用し、体内から歯周病菌を殺してしまおうというのが歯周内科です。

この治療は歯科医の処方に従い薬をきちんと服用することで、歯肉の腫れや炎症を鎮めてくれます。従来の治療では抜歯するしかなかった重症例でも、歯を保存できるケースが増えてきました。

とはいえ、薬だけに頼っているわけではありません。歯周内科はあくまでも従来の治療効果を高めるための手段にすぎません。

当院では従来の歯周病治療と内服薬、そして口腔内を殺菌する洗浄剤を併用することで、優れた治療効果をあげて来ています。


トップへ » 当院からのお約束 » 歯周病治療 » 内服薬を使って歯周病を治療する


コールバック予約