トップへ » 当院からのお約束 » 歯周病治療 » 歯周病を知ることが歯周病治療の第一歩

歯周病を知ることが歯周病治療の第一歩

歯周病を知ることが歯周病治療の第一歩

歯周病は歯の周りを支えている組織が少しずつ破壊されていく病気です。虫歯のように強い痛みを伴うことは少なく、じわじわと進行していきます。そのため気がついたときにはかなり進行していて、手遅れの状態になっていることもあります。

原因の一つは歯周病菌です。歯周病菌が歯と歯肉の間にある歯周ポケットの中に侵入し、歯石や歯垢(プラークが)溜まると、歯肉の腫れや炎症を引き起こし、徐々に歯の骨を溶かしていきます。(またもう一つの要因として咬合性外傷があります。)そして最後には歯が抜け落ちてしまうのです。歯周病が恐ろしいといわれる理由はここにあります。

治療を始める前に、最初に「歯周病とはどんな病気なのか」を知っていただき、ご自身の歯の状態を認識していただきます。その後、治療に入ります。まずお口の中の衛生状態を改善した後、歯周組織の状態や生活環境等を考慮して進めて行きます。

当院では麻酔を使い徹底した歯のクリーニング、状況によっては内服薬を使い、歯周病菌を根絶します。また噛み合わせに問題が有れば同時に治療していきます。

歯周病は放置しておくと歯だけではなく、心内膜炎、敗血症など全身に深刻な影響を与えることが判ってきています。歯周病の予防と治療後の再発防止のためにも、定期的健診を忘れずに受けることをおすすめします。


トップへ » 当院からのお約束 » 歯周病治療 » 歯周病を知ることが歯周病治療の第一歩


コールバック予約