トップへ » 当院からのお約束 » 一般歯科 » よい治療結果が患者さんとの信頼関係を築く

よい治療結果が患者さんとの信頼関係を築く

よい治療結果が患者さんとの信頼関係を築く

私は日ごろから、患者さんとよく話をし、できるだけコミュニケーションを取るように心掛けています。そのため、診察中には患者さんに話しかけ、よく質問します。

「ここを治すには、AとBの治療方法がありますが、どうされますか?」

すると患者さんは自分自身できちんと考え、治療方法を選択します。

そこまで患者さんに聞かなくても......。そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、もし私が患者さんの立場だったら、どう思うでしょうか? 一方的に治療方法を押しつけられたくはありません。それぞれのメリット・デメリットを伺った上で、自分自身で判断したいと思います。そうすることで、納得のいく治療が受けられるのでは?と思うからです。

ときには想定外の治療方法を選ぶ患者さんもいらっしゃいます。しかし、それはあくまでもご自身で判断したこと。私の勝手な思い込みで反対意見を唱える必要はありません。患者さんの意見を尊重し、最善を尽くせば良いと思います。

大切なことは、そのときできる精いっぱいの治療を行うこと。それには患者さんとの信頼やコミュニケーションが不可欠であり、治療結果を上げることでそれらが生まれてきます。患者さんとの素晴らしいコミュニケーションが築けるよう、最善を尽くした治療を心がけています。


トップへ » 当院からのお約束 » 一般歯科 » よい治療結果が患者さんとの信頼関係を築く


コールバック予約