トップへ » 当院からのお約束 » 一般歯科 » むし歯の段階

むし歯の段階

カリエス
カリエス
むし歯が神経に達していない状態。軽度のものであれば殆ど痛みは感じません。しかし進行するに従い水が染みたり違和感を覚えたりするようになります。


治療方法
虫歯になってしまった部分を取り除きます。大きなむし歯の場合は、歯全体に被せ物をします。削った後が小さいときは、部分的に被せるか、詰め物を入れます。

下へ

歯髄炎
歯髄炎
神経に達している状態で、熱い物・冷たい物を食べたときに痛みを感じ、進行すると夜眠れないほどの激痛が起きることもあります。


治療方法
歯の神経を取り除き(抜髄)、神経の通っていた部分に薬を詰めた後、歯全体に人工歯を被せます。

下へ

歯根膜炎
カ歯根膜炎
既に歯の中が感染している状態。熱い冷たいにはあまり反応せず、咬むと痛く、鈍い痛みを伴います。


治療方法
歯の中をきれいに掃除して(菌を取り除き)、神経の通っていた部分に薬を詰め、歯全体に人工歯を被せます。


トップへ » 当院からのお約束 » 一般歯科 » むし歯の段階


コールバック予約