トップへ » 当院からのお約束 » 顎関節症 » 正しい噛み合せが顎関節症を予防する

正しい噛み合せが顎関節症を予防する

正しい噛み合せが顎関節症を予防する

「口を大きく開けようとするとあごの関節がこわ張って開かない」「口を開閉するときにカクカク音がする」

このような症状は、あごに関するトラブルでよく聞く悩みです。これは"顎関節症"といって、あごの関節に起こる障害です。

その症状には、あごの関節や筋肉が痛む、食べ物を上手く噛みくだくことができない、あごが痛いなど。重症になると口を開けるだけで痛むので、患者さんにとってはかなり辛い状態といえます。

原因には噛み合わせによるものと、姿勢・生活習慣・外傷・歯ぎしり・食いしばりなどによるものとがあります。しかし必ずしも一つの原因とは限らず、いくつかの要因が複合したものなど、一概には断定できません。

たとえば噛み合わせが悪いために姿勢が悪くなり、局部的な痛みやだるさ、開閉などの運動障害を引き起こすこともあります。また、この逆もあり"全身と歯の噛み合せ"は密接に関わっているのです。

噛み合せが原因の場合は、矯正治療や補綴処置(被せものや義歯等)で改善しますが、それ以外の場合は専門医での治療が必要となることもあります。当医院では専門医の紹介も含め、ご相談に応じていますので、あごの状態でお悩みの方は、一度ご相談ください。

<顎関節症の症状>
顎関節症
・あごの開閉時におこるカクカク音(クリック音)
・あごの運動障害(咀嚼がスムーズに出来ない)
・咀嚼時にあごの痛みを伴う
・あごがだるい
・あごが痛い
・口が大きく開けられない
・噛み合せたときに違和感がある
・頭痛・肩こりなど全身の痛み
・耳鳴り・めまい・難聴
・歯の痛み
など。


トップへ » 当院からのお約束 » 顎関節症 » 正しい噛み合せが顎関節症を予防する


コールバック予約