トップへ » 当院からのお約束 » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病を招く

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病を招く

「がー・・・」「ごー・・・」
夜中に聞こえてくる大きな"いびき"。当の本人は気がつきませんが、一緒に寝ている人にとっては安眠を妨害され、とても迷惑に感じます。

いびきは"大きな音"がするだけでなく、睡眠中に呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群や重度の合併症を引き起こす危険性さえあります。

この睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に10秒以上の無呼吸状態を、1晩で5回以上繰り返す病気で、いびきの原因の一つにあげられています。頻繁に続くと熟睡できず、目覚めたときの頭痛や日中の眠気などを感じることがあります。

さらに高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を合併していることもあり、一歩間違えば、生命に影響を及ぼすことさえあります。早期の専門医師による受診、検査をおすすめします。

口腔内装置
睡眠時無呼吸症候群やいびきの治療は、医科との連携が原則で歯科においての治療は口腔内装置を装着し、呼吸を阻害する要因を排除する事を行います。

この口腔内装置には2タイプあり、
一つは比較的シンプルな構造の一体型で保険が適用できます。
もう一方が分離型で効果は高いとされていますが自費(157,500円)扱いです。
当医院では分離型の場合、ソムノデントと言う装置を使用しています。


トップへ » 当院からのお約束 » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病を招く


コールバック予約