トップへ » 当院からのお約束 » 目的に合った治療方法を提案します

目的に合った治療方法を提案します

目的に合った治療方法を提案します歯科治療には矯正治療や審美治療などいくつかのメニューがあります。多くの患者さんは、そのメニューの中から治療方法を選んでいると思います。

メニューから治療方法を選ぶのも一つの方法ですが、矯正治療やラミネートベニアといった治療方法は、あくまでも噛み合せや見た目などを治すための手段にすぎません。手段を先に考える前に、なぜその治療が必要なのか、どうありたいのか考える方が先決ではないのでしょうか?

まず大切なことは、患者さんの歯やあごの状態、口腔内の環境、骨格、顔の形などを総合的に判断した上で、その人にあった治療を行うことです。

たとえば正中離開を考えた時、前歯2本の間に空いている隙間を矯正治療で治すことがあります。これはこれで、正しい治療方法です。しかし、ほかの歯列がきれいに揃っているときには、ミネートベニアを使って治す方法もあります。

このように、治療目的を明確にすることで、治療方法も変わってきます。当院では、固定概念にとらわれず、その人にあった最適な治療方法をご提案しています。


トップへ » 当院からのお約束 » 目的に合った治療方法を提案します


コールバック予約