トップへ » 院長紹介・経歴 » 治療のヒントを得るために感度を高める

治療のヒントを得るために感度を高める

治療のヒントを得るために感度を高める

こんにちは。石川歯科クリニック・院長の石川正明です。
当院は平成元年に杉並区・高円寺に開院して以来、地元のみなさまとともに歯科医療に取り組んでまいりました。

私は今できる精いっぱいの治療を心がけ、最善の努力をしています。しかし、歯科医療は日進月歩より完成度の高い治療が行えるよう、常にアンテナを張り巡らせています。
基本的には既存の診断、治療技術の向上が一番ですが、たとえば歯科医向けの雑誌や学会誌。この中には、治療前後の写真や治療過程、方針等の、治療内容が掲載されています。それを見ていると「この方法だった、あの患者さんに応用できるな」というヒントがたくさん隠されているんですね。

そういえば、リラックスしているときや寝ているときに、患者さんが話していた事がきっかけで治療のアイディアがパっと浮かぶことがあるんですよ(笑)

治療をしているとき、何か引っかかって先に進まないことがあります。そんなときは、気になることを少しだけ頭の片隅に残して、あとは意識しないようにしているんです。

そうすると、夜中に目が覚めて「この人に、こういう治療をすれば良いんじゃないか」というヒントが浮かんでくる事があります。きっと必要に迫られて浮かんでくるんでしょうね。
今自分にある技術と知識、そして新しく得たもの。これらを最大限に活かした治療ができれば最高ですよね!


トップへ » 院長紹介・経歴 » 治療のヒントを得るために感度を高める


コールバック予約